Q&A|駿河仏壇本舗

全品送料無料キャンペーン中!

リビングにお祈りの場を。
モダン仏壇、壁掛け仏壇の専門店
静岡の駿河仏壇本舗。

お電話でのお問い合わせ0120928325
お仏壇選びに悩んだり、不安に感じたことがありましたらお気軽にお問い合わせください。

Q&A

仏壇・仏具に関しますお客様からよく頂戴するご質問をご紹介させていただきます。ご参考になれば幸いです。

Q&Aライン
質問

仏壇には開眼供養は必要でしょうか?

回答

お仏壇に対しては開眼供養、魂入れは必要ありません。開眼法要(かいげんほうよう)とは「入魂式」「お性根入れ」「魂入れ」とも呼ばれ、 ご本尊、位牌を新しく造ったり、修復したとき、お墓を建てたときには、僧侶を招いて開眼法要を行います。この儀式をすることによって初めて、単に形のあるものだけ であった、木や石が霊験ある尊像に生まれ変わるという考えがあります。開眼供養の対象となるのはご本尊の仏像であって、仏壇本体ということではありません。浄土真宗では、開眼法要は営まず「御移徙」(ごいし)と呼ばれる慶事の法要を営み、 ご本尊・お脇掛はご本山からお受けすることとなっております。仏壇購入時の法要につては宗派やお寺によって細かな事が変わってくることもありますので、一度、菩提寺にご相談される事をお奨めいたします。

Q&Aライン
質問

仏壇の購入時期は?

回答

新たにお仏壇を購入される場合の時期につきましては特に決まりはありません。ただ、現実的に法要には費用の面での負担が発生しますので、その面から考慮しますと四十九日、一周忌、三回忌などの法事に合わせて仏壇をご用意していただいたほうが金銭的、手間の面でも負担が少なく済むことがあります。 また、仏滅の日を避け、大安の日に仏壇を購入する方も多いのですが、仏教的な考えからすると日柄の吉凶、善悪は無く、日柄を選ぶのは迷信と言えます。

Q&Aライン
質問

仏壇の扉は閉めた方が良い?

回答

どの宗派であっても、ご家族が亡くなった時に仏壇の扉を閉じる必要は一切ありません。仏壇はいわば菩提寺の身代わりであり、仏様への礼拝の場所です。お仏壇の上段中央に安置しているご本尊様が亡き方を成仏の道へとお導きくださる存在ですので、ご家族親族の方が亡くなった時に扉を閉ざすのは本来おかしな事なのです。

Q&Aライン
質問

お仏壇の安置するにあたり、方位、置き場所など注意すべき事を教えて下さい

回答

お仏壇を安置する場所につき、様々な事が言われておりますがほとんどが迷信です。大切なことは、ご家族がご先祖、亡くなった方に感謝と敬いの心をもって毎日お参りする事です。日々のご供養を心静かにできる場所であれば問題ありません。 仏壇を安置する方位についても様々な説があり、南向きに安置するのが良いという 考えが日本では一般的です。 これは、昔の中国で王様が南向きに座り、家臣が王様に向かい北側を向いて座る慣習があったことが紀元になっているという説があります。東向きに安置するべきという説では、インドの慣習で日の出づる方向は、立身出世の めでたい方角だという 考えから始まったようです。菩提寺の方向に向かってお仏壇を設置するべきとする考えもあります。仏壇を置く方向が気になる方は菩提寺にご相談されることがよろしいかと思います。仏壇を長持ちさせるという視点で考えますと直射日光が当たる場所を避け、風通しの良い場所に置いていただく事をお奨めいたします。お仏壇を直射日光が当たる場所に安置しますと 紫外線により塗装の色が変色して薄くなったり天然木を使った部分が反ったり歪んだりする恐れがあります。

Q&Aライン
質問

仏壇の買い替え時、ご本尊や位牌等も新しくすべきですか?

回答

本来、仏壇は買い替えず修繕しながら代々引き継いでゆくものだったようです。ただ、お仏壇の洗濯、修繕にも結構なお金がかかり、場合によっては新たに 買い替える方が安くつくこともあるようです。したがって仏壇を買い替える時期というものはもともと定めが無いのですが地方やお寺によっては家を大きくしたときに仏壇も更にグレードアップした大きなものに買い替えるのが良いとするところもあるようです。

Q&Aライン
質問

小さな家具調仏壇に買い換えたいのですが、今までより小さな仏壇に買い換える事は良くない事でしょうか。

回答

地方やお寺によっては仏壇を新築の際に大きくグレードが高いモノに買い換える事を吉とするところもあるようです。ただ、本来仏壇はご先祖や亡き方をお祀りするためのもので大きい、小さいは関係ないと思います。お祀りする人の気持ち、その心が大切で 新しく住む住居の環境に合わせて、小さな仏壇に買い換える事はなにも問題はありません。ただ、菩提寺との関係もあるかと思いますので、お寺さんにご相談されても良いかと思います。

Q&Aライン
質問

故人の写真を仏壇内に飾りたいのですが、どこに置けば良いのですか。

回答

原則的には故人のご遺影、写真は仏壇内には飾りません。仏壇は家庭内におけるようにした小型の本堂であり、あくまでご本尊を祀りするものという考えからです。ただ、近年ではお仏壇内に故人の写真を飾る方も増えているのも現実です。 ご本尊、ご先祖を大切にしながら、故人もいつまでも大切に想い感謝する。こういう気持ちがあれば仏壇内に写真を飾っても別に構わない気がします。 近年では仏壇の扉の内側に写真をマグネットで飾れる仏壇も販売されています。基本的にはお遺影、お写真を仏壇内に飾る場合は最上段の本尊棚はご本尊を安置する場所ですので その下の段以下に飾った方が宜しいかと思います。

Q&Aライン
質問

お位牌はどのくらいの大きさのものを選べば良いのでしょうか。

回答

お位牌は仏壇の御本尊のサイズより小さくしなければなりません。また、原則としてご先祖のお位牌より小さなサイズにします。 個人が偉大な功績を残した場合は、例外的に先祖様のお位牌より大きいお位牌を作ることもあります。御夫婦のお位牌の大きさは通常揃えて同じにします。

Q&Aライン
質問

お位牌は仏壇のどこに置けば良いのでしょうか。

回答

お仏壇の最上段の棚には中央に御本尊を置き、両脇に脇仏を配置するのが基本です。その下の段にご本尊にかぶらないようにずらしてお位牌を配置します。地域によってはお位牌を最上段の棚のご本尊の脇に置くところも有ります。位牌を複数置く場合は、仏壇内は向かって右側が上座になりますので右からより古いご先祖様のお位牌を並べます。また、御夫婦のお位牌が別々にある場合は向かって右に夫の位牌を 向かって左に妻のお位牌を並べます。

Q&Aライン
質問

ひとつ位牌に夫婦の戒名を入れても良いのでしょうか。

回答

ひとつのお位牌に夫婦の戒名・法名を入れてもかまいません。その時、向って右に夫の戒名を、向かって左に妻の戒名を書き入れます。

Q&Aライン
質問

お位牌はいつまでに用意すれば良いのでしょうか。

回答

お葬式から四十九日の法要まではお寺や葬儀屋さんが用意する仮位牌(白木位牌)を用い四十九日の忌明けのタイミングで本位牌へ開眼供養してもらい、仮位牌はお焚き上げしてもらいます。お位牌の文字入れは機械堀りで1週間前後、手書きの場合、漆で書いた後に乾かす時間が 必要なので2週間程度かかります。お位牌を手配するタイミングとしては余裕をみて、四十九日の法要の20日くらい前に手配するのが理想です。お葬式が終わって少し落ち着いたところで、お位牌を探し始めたほうが安心です。

Q&Aライン
質問

宗派が浄土真宗ですが、お位牌を用意する必要があるのでしょうか。

回答

原則として浄土真宗では位牌は用いません。過去帳や法名軸が位牌の代わりとなります。

Q&Aライン
質問

お位牌を処分するときはどうすればよいのでしょうか。

回答

お位牌を新しいものに変えるときには、古い位牌を処分する必要があります。古いお位牌はお寺さんに持ち込んで閉眼供養を行い、お焚き上げしてもらいます。その時には供養のお布施を収めることが必要で、お布施の額は一般的には 3~5万円程度と言われています。

Q&Aライン

■ カレンダー
  • 今日
  • 定休日

営業時間 9:00~18:00
土日祝休業

ページトップへ